Luca Scandinavia | 北欧ヴィンテージ・工芸・アート
CASE STUDY

K 邸 / 東京・銀座

http://platsdesign.com/

ビルの高層階に位置する広々としたリビングは銀座中央通りに面します。室内は PLATS DESIGN さんによってリノベーションされ、窓一面に設えられた障子は美しく、その広大さに圧倒されます。この撮影時はまだお引越しを終えておられず、生活はされていない状況でした。ハンス・ウェグナーのサイドボード、ペダー・ムースのアマーシェルフ、1960年代のフロアランプなどを納品させていただきました。

割烹 松川 / 東京・赤坂

http://www.t-matsukawa.com/

赤坂の割烹、松川さんには J.L. Møllerの椅子を納品させていただきました。納品を終え、営業を開始された2011年3月、東日本大震災に見舞われ、大切なスタートの時期に大きな弊害が生じましたが、世の中が落ち着くと共に松川さんの御席も予約で埋まる様になりました。店内のテーブルはブビンガの一枚板で作られ、チークの J.L. Møllerの椅子は綺麗にマッチしています。凛とした空気感のカウンターは檜の一枚板で、合わせたローズウッドの J.L. Møller がより空間を引き締めています。

N 邸 / 京都市内

京都の中心地に位置するマンション。室内階段から上階へとつながり、リビングは天井高6メートルと吹き抜けています。風の抜ける心地よい空間には、ジョルジュ・ルオーの版画、ルーシー・リーのベース、日本の誇る茶器などがコレクションされています。 J.L. Møllerの椅子、ヘルエ・ヴェスタゴー・イェンセンのテーブル、グレーテ・ヤルクのソファ、ヤイス・ニールセンのボウル、フリッツ・ヘニングセンのネストテーブルなどを納品させていただきました。

SHINYA(古美術店・アートギャラリー)/ 京都・東山区

http://shinya-art.com

京都縄手通に位置する古美術店/アートギャラリーのSHINYAさんは、明治、大正、昭和、そして現代に至る日本人作家の美術工芸作品 (金工・七宝・漆芸・木竹工) を取り扱っておられます。日本美術を鑑賞する場に、北欧の家具がしっくりと馴染み役立っています。デンマークのデザイナー、ステファン・シュラック・ラーセンのイージーチェア、オーレ・ヴァンシャーのセッティ、トラネケアの寄木のテーブル、 J.L. Møllerなどをお納めさせていただきました。

I 邸 / 京都・上京区

昭和初期に建てられた腰壁のある京町家、なるべく改装を加えず、当時のままの姿を保っています。時間の経過した土壁には須田剋太の書が掛けられ、座敷には音丸耕堂の塗りの座卓にイサム・ノグチの灯り、李朝の棚には時代の陶磁器や工芸品が並びます。奥庭のつくばいには水が張られ、時折、野鳥が水浴びにやってきます。ハンス・ウェグナーによるキューバンマホガニーのチャイナチェア、 J.L. Møllerのmodel78などを納品させていただきました。

行正り香さんのスタジオ / 東京都内

料理研究家の行正り香さんはインテリアにも造詣が深く、デンマーク家具を中心にコーディネートされています。マンションの一室をリノベーションし、その空間にはLED照明は一切使わず、昔ながらの白熱ハロゲン灯のダウンライトを用い、漆喰塗りの天井と壁、フロア一面に敷き詰められた絨毯など、心地よく過ごせる工夫がなされています。ローズウッドのダイニングやサイドボード、オーレ・ヴァンシャーのコーヒーテーブルなどを納品させていただきました。