Luca Scandinavia | 北欧ヴィンテージ・工芸・アート
チェックリストを見る / Check list

商品をクリックすると詳細ページに移動します。「まとめてお問合せする」から、気になる商品についてご質問、ご要望を送信できます。


チェックリストはありません。

Attributed to Johan Rohde
Late empire style corner cabinet

ジョージ・ジェンセンのカトラリーなど、19世紀末〜20世紀初頭にかけて活躍したデンマークのデザイナー、Johan Rohde/ヨハン・ロードによるデザインとされるコーナーキャビネットです。当時流行したレイトアンピールスタイルは、そのデザインからか大ぶりな印象を持ちますが、半径は70センチとそれほど大きくはありません。キューバンマホガニーと思しき良質な材が用いられており、ガラスは専用に作られた吹きガラスによるものです。小さな経年感はありますが、コンディションは良好です。

Danish cabinetmaker 1910's
Cuban Mahogany
w-102, d-70, h-163.5cm
price: ¥800,000- 税込

詳細につきましては下記CONTACTフォームよりお問い合わせください。
在庫状況などを確認し、折り返しご連絡いたします。

ON HOLD

Johan Rohde/ヨハン・ロード 1856-1935
ヨハン・ロードはデンマークの画家、デザイナー。1882年、デンマーク王立芸術アカデミーへ進むも、新たな表現を認めようとしないアカデミーの教育方針に異議を唱えアカデミーを去り、巨匠P.S.Krøyer(1883–1886)の下で学びます。1888年、「拒まれた作品展」を自身のスタジオで開催。1890年、ヴィルヘルム・ハマスホイや J.M.ウィリアムセンなどのアーティストとともに、アーティスト協会「Den Frie Udstilling」を設立。ロードは自身の作品を展示するだけでなく、最新の動向を追い、デンマークの新聞に記事を掲載し20世紀に於けるデンマークの芸術に重要な役割を果たしました。1892年、ロードはパリでヴァン・ゴッホの絵を購入、現在はNy Carlsberg Glyptotekに所蔵されています。1904年、ロードが私物としてシルバースミスのジョージ・ジェンセン氏に製作を依頼したカトラリーは、George Jensenに於いてヒット商品となり、21世紀の現在も生産が続けられています。