Luca Scandinavia | 北欧ヴィンテージ・工芸・アート
チェックリストを見る / Check list

商品をクリックすると詳細ページに移動します。「まとめてお問合せする」から、気になる商品についてご質問、ご要望を送信できます。


チェックリストはありません。

Kerstin Hörlin-Holmquist
Plommonet coffee table

スウェーデンの家具デザイナー、Kerstin Hörlin-Holmquist/カースティン・ホーリン・ホルムクウィストによるコーヒーテーブルです。ウォルナット材で作られたもので、 ”Plommonet/プラム” の名で親しまれ、人気を博したモデルです。細長い楕円を描いた天板と、細く華奢な脚部が特徴のモデルで、小振りで綺麗な佇まいのテーブルです。コンディションにつきまして、本来は僅かに浮いている貫が床に着いておりますが、構造の緩みや反りなどは見られず、不安定感も無く、しっかりとしています。天板に小さな打痕が見られますが、全体的に綺麗な状態です。

NK Nordiska Kompaniet 1950's
Walnut
w-124, d-56.5, h-52.5cm
price: ¥350,000- 税込

詳細につきましては下記CONTACTフォームよりお問い合わせください。
在庫状況などを確認し、折り返しご連絡いたします。

チェックリストに追加
Add check list
この商品をお問合せ
CONTACT

[チェックリストに追加]は複数の気になる商品を後で確認したり、まとめてお問合せ頂くことができます。

Kerstin Hörlin-Holmquist/カースティン・ホーリン・ホルムクウィスト 1925-1997
スウェーデン生まれ。父親は芸術家のTor Hörlin。1945年から英国で美術史を学び、古典的な英国の布張りの家具や、そのスタイルに魅了される。1948年、ストックホルムの Konstfack University of Artsで学ぶ。アフリカの伝統的なスタイルから影響を受け、自身の作品 ”Large and small Kraal chair” を制作。職人の伝統工芸と工業生産化を融合させたその作品の魅力を、Nordiska-Kompaniet社が見出し、ヨーテボリで開催された Möbler52展にて発表される。1952年に発表した”Charlotta”チェアは大ヒットを記録した。直線的な造形が流行する時代に、柔らかい線を好んだホルムクウィストは、"Paradiset" ラインを確立、軽くて綺麗なラインでありながら、ロマンス的な空気感で包まれる優雅さを独自のデザインとして確立した。Nordiska-Kompaniet社との協働は1964年まで続き、インテリア誌 Allt i hemmetでは「最高レベルでのスウェーデン家具の伝統」と評される。1992年、父親の絵画作品とホルムクウィストの家具とのコラボ特別展がストックホルムにて開催される。氏の作品はストックホルム国立博物館に収蔵されています。