Luca Scandinavia | 北欧ヴィンテージ・工芸・アート
チェックリストを見る / Check list

商品をクリックすると詳細ページに移動します。「まとめてお問合せする」から、気になる商品についてご質問、ご要望を送信できます。


チェックリストはありません。

Bernt
A pair of mahogany armchairs

デンマークのデザイナー、Bernt Petersen/ベアント・ピーターセン、通称 ”ベアント” によるアームチェア、一対です。ウォルナットのフレームにオイルドレザーを張ったもので、量産タイプではなく、工芸的な職人家具の要素で作られたものです。シートはオリジナルと思われ、深い色合いに落ち着いた皮革が張られ、使い込まれてはいるものの、状態は概ね良好です。脚が数センチ加工されている可能性が高く、シートハイが若干低めになります。応接などのサイドチェアとしてであれば心地よくお使いいただけそうですが、ダイニングには若干低いでしょう。こちらは一対での販売となります。

Wørts Møbelsnedkeri circa 1960's
Walnut, Patinated natural leather
w-59, d-59, h-78, sh-39cm
set price: ¥260,000- 税込・一対
※脚の長さが数センチほど加工されている可能性があります。

詳細につきましては下記CONTACTフォームよりお問い合わせください。
在庫状況などを確認し、折り返しご連絡いたします。

チェックリストに追加
Add check list
この商品をお問合せ
CONTACT

[チェックリストに追加]は複数の気になる商品を後で確認したり、まとめてお問合せ頂くことができます。

Bernt Petersen/ベアント・ピーターセン 1937-2017
家具デザイナーのベアント・ピーターセンは、「Bernt/ベアント」とファーストネームだけで称されることが多く、デンマーク家具デザイン界ではひとつの記号のような存在となっています。デンマークのデザインスクールを卒業する前年の1959年に発表した籐編みのスツールは、工芸的な職人家具作品として評価の高いものとなっています。卒業後はハンス・ウェグナーに師事し、1963年に自身の事務所を立ち上げます。1973年から78年まで、母校のデザインスクールで教鞭を執り、1978年から85年までは王立アカデミー家具科で講師を務めました。独立後の製品は、材の供給がやがて細くなっても量産が可能で、多くの民衆に行き渡るような製品を生み出し、工業生産に適したシンプルなスタイルで、将来的なビジネスを見据えた作風を貫きます。公共施設からの依頼も多く、デンマーク中の劇場やコンサートホールの家具調度品を手がけました。