Luca Scandinavia | 北欧ヴィンテージ・工芸・アート
チェックリストを見る / Check list

商品をクリックすると詳細ページに移動します。「まとめてお問合せする」から、気になる商品についてご質問、ご要望を送信できます。


チェックリストはありません。

Mogens Koch
Bookcase cabinet in Solid Mahogany

ルド・ラスムッセン工房製、Mogens Koch/モーエンス・コッホによるデザインの名作ブックケースキャビネット、無垢のマホガニーを用いたモデルです。こちらはキャビネットx2台、シェルフx2台、ベース(台輪)x2台のセットとなります。(画像にあるセットとなります)キャビネットやシェルフの側面にずれ防止用のダボ穴が設えられたタイプとなり、古い時代に作られたもののようです。シェルフはもともと壁につけられていたようで、背板に小穴が開けられています。扉の裾に無垢材ならではの反りが生じており、キーが一本オリジナルではありませんが、全体的なコンディションは良好です。

Rud. Rasmussen
Solid Mahogany
w-76, d-36(27.5), h-157.5cm
price: ¥1,410,000- 税込・セット
note: 扉の一部に反りが生じています。

詳細につきましては下記CONTACTフォームよりお問い合わせください。
在庫状況などを確認し、折り返しご連絡いたします。

チェックリストに追加
Add check list
この商品をお問合せ
CONTACT

[チェックリストに追加]は複数の気になる商品を後で確認したり、まとめてお問合せ頂くことができます。

Mogens Koch/モーエンス・コッホ 1898-1992
デンマーク生まれ。1925年、デンマーク王立芸術アカデミーを卒業。1925〜32年、Carl Petersen、Ivar Bentsen、Kaare Klintに師事し、デンマークの機能主義と伝統工芸を学びます。1928年、自邸ために設計した正方形のブックシェルフは、どのような空間であっても柔軟に組み合わせを選ぶことのできる省スペース収納システムとして考案されました。コッホは、数学と人間工学の研究のみならず、歴史的な家具様式を追求することに多くの時間を費やしました。コッホの提案する実用的でナチュラルな素材で作られた家具は、日頃のメンテナンスを必要としない、日常使いに便利な仕上げが施されています。1932年に発表したフォールディングチェアについては、時代がついてこれず1960年代まで製品化されなかった逸話はよく語られています。1934年、自身のスタジオをオープン。1936年、マホガニーと皮革のウイングチェアMK50と、アームチェアMK51を発表。1950〜68年までデンマーク王立美術アカデミーの教授を務めます。コッホによって考案、デザインされた家具は、使う人の立場を考えた快適さや機能性、ミニマルでありながら美学の探求に対する熱意が具現化した、極めてエレガントな作品群として位置付けられています。コッホは1932年以来、キャビネットメーカーのRud. Rasmussen工房に於ける中心的なデザイナーとして重要な位置付けを担います。1950年以降は、コペンハーゲン、ブレゲードの旧フレデリックス病院工芸博物館(現デザインミュージアム・デンマーク)へ改修するための工事など、教会や古い建造物の修復などに携わります。1938年、Eckersberg賞、1963年、C. F. Hansen賞を受賞します。