Luca Scandinavia | 北欧ヴィンテージ・工芸・アート
チェックリストを見る / Check list

商品をクリックすると詳細ページに移動します。「まとめてお問合せする」から、気になる商品についてご質問、ご要望を送信できます。


チェックリストはありません。

Poul Kjærholm
PK61 Coffee table with Glass top

Poul Kjærholm/ポール・ケアホルムによる "PK61" コーヒーテーブルです。フリッツ・ハンセン社によって2010年に作られたものです。コンディションにつきまして、ガラス天板に使用による擦り傷が見られます。角部のチップなどはありません。

Fritz Hansen 2010 (Original product 1956)
Steel, Glass top
w-85, d-85, h-32.5cm
price: ¥397,000- 税込

詳細につきましては下記CONTACTフォームよりお問い合わせください。
在庫状況などを確認し、折り返しご連絡いたします。

ON HOLD

Poul Kjærholm/ポール・ケアホルム 1929-1980
デンマーク、ユトランド半島の北の町、Østervråに生まれる。当初は画家を目指すものの、祖父の勧めで家具職人Gronbechのもとで修行を始める。1948年に修行を終え、1950年から2年間ほど、名匠ハンス・ウェグナーの事務所に勤務しながら、コペンハーゲン工芸学校の夜間コースへ通い、家具のデザインを学ぶ。1952年に学校を卒業、フリッツ・ハンセン社に入社し1年ほど勤務する。1952〜56年にかけてコペンハーゲン工芸学校夜間コースのアシスタント講師を務める。1953年、建築家のハンナ・ダムと結婚。1955年、コペンハーゲン王立美術アカデミーの教壇に立つ。ハンス・ウェグナーの事務所に勤務していた時に知り合ったE. Kold Christiansen社の創業者、Ejvind Kold Christiansenの下に勤務、共同で家具の開発を行い、1955年、名作椅子『PK-22』を発売、1958年、パリで行われた ”Formes Scandinaves”展へ出展し、"Lunning Award"を受賞、国際的な称賛を集めます。1960年、ミラノトリエンナーレに於けるデンマークパビリオンの展示デザインを担当する。1976年、コペンハーゲン王立美術アカデミーの学長に就任。1980年、肺がんにより死去。享年51。