Luca Scandinavia | 北欧ヴィンテージ・工芸・アート

Ole Wanscher
Arm chair for A.J. Iversen 1950

オーレ・ヴァンシャーによる1950年発表のアームチェア、名工A.J. Iversenによって作られたものです。背の格子が特徴的なモデルで、18世紀の英国チッペンデールシノワズリ様式にその源流が見られます。カンファレンス、或いはダイニングと、どちらでもお使いいただけるサイズ感です。座の緩衝材には獣毛や椰子などの天然繊維を用いています。

A.J. Iversen 1950’s
Mahogany, Black leather seat
w-55, d-56, h-85, h-44cm

ON HOLD

Ole Wanscher/オーレ・ヴァンシャー 1903-1985
20世紀のデンマークを代表する家具デザイナーで、王立アカデミー家具科の主任教授も務め、多くの若き家具デザイナーを教育しました。家具そのものを建築や室内装飾の一部として捉え、17世紀の英国様式を始め、欧州各国、古代エジプトなどに見られる古典家具様式の研究を行い、多数の書籍を執筆、それらのルーツを反映させながら、時代に即したモダンで気品溢れる製品を数多く生み出しました。