Luca Scandinavia | 北欧ヴィンテージ・工芸・アート

Hans J. Wegner
China chair in Mahogany

Hans J. Wegner/ハンス・ウェグナーによって1944年に発表された名作椅子 ”チャイナチェア” 、現在では廃番となっているマホガニー材のモデルです。中国明王朝時代の肘付椅子(圏椅/クワン・イ)をリ・デザインしたモデルで、ウェグナーの代表作のひとつとされています。ホンジュラス産と思しきマホガニー材はリボン杢も現れ、奥ゆかしく美しい光沢を放っています。使い込まれた古いクッションは良い雰囲気ですが、傷みもあり長くは持たなそうなので、新たに皮革でのクッションをお作りします。

Fritz Hansen made from 1980~90's
Mahogany, Original leather seat
w-54, d-53, h-81, sh-44cm
stock: 4
price: ¥850,000- (税込・単価)
note: 価格には皮革クッション新規製作費用を含みます。

詳細につきましては下記CONTACTフォームよりお問い合わせください。
在庫状況などを確認し、折り返しご連絡いたします。

Hans J. Wegner/ハンス・ウェグナー 1914-2007
デンマークのトゥナーに生まれる。父親は靴職人。17歳で家具職人の資格を取得。木材について専門的に研究を行う。1936年から2年間、工芸スクールに在籍した後、デザイナーとしての活動を開始。1940年、アルネ・ヤコブセンのもとオーフス市庁舎の建築プロジェクトに参加、カンファレンスチェアや待合のソファなどのデザインを手がけました。また同年、ヨハネス・ハンセン工房に於いて家具製作をスタートさせています。1984年、デンマーク女王よりナイトの称号を授与。1995年、生まれ故郷のトゥナーに”ウェグナー美術館”が開館される。氏は生涯に於いて家具デザイナーとして数々の名作を生み出し、国際的にも高い評価を受けています。