Luca Scandinavia | 北欧ヴィンテージ・工芸・アート

Ole Wanscher
Tallboy in Caucasian walnut

20世紀のデンマークを代表する家具デザイナーで、王立アカデミー家具科の教授を務めたOle Wanscher/オーレ・ヴァンシャーによるトールボーイチェストです。コペンハーゲン、ストロイエの百貨店、イルムスボリフスにて1950〜60年代頃に販売されたもので、製作はA.J. Iversen工房が携わったようですが、当時イルムスではメーカーを公表しない方針だったようです。真鍮ハンドルの備わるクラシックな趣のもので、コーカサスウォールナットと思しき縞模様の現れた材が用いられています。抽斗や本体の縁に沿って加飾された玉縁は通称「Cock-Bead/コックビーズ」と呼ばれ、抽斗の面に深さを表し、本体との隙間を隠すために用いられた技法で、古くは1760年代の英国家具様式にそのルーツが見られます。

A.J. Iversen, retailed by Illums Bolighus 1960’s
Caucasian walnut, Beech
w-75, d-51, h-135cm
price: ¥450,000- 税込

詳細につきましては下記CONTACTフォームよりお問い合わせください。
在庫状況などを確認し、折り返しご連絡いたします。

Ole Wanscher/オーレ・ヴァンシャー 1903-1985
20世紀のデンマークを代表する家具デザイナーで、王立アカデミー家具科の主任教授も務め、多くの若き家具デザイナーを教育しました。家具そのものを建築や室内装飾の一部として捉え、17世紀の英国様式を始め、欧州各国、古代エジプトなどに見られる古典家具様式の研究を行い、多数の書籍を執筆、それらのルーツを反映させながら、時代に即したモダンで気品溢れる製品を数多く生み出しました。