Luca Scandinavia | 北欧ヴィンテージ・工芸・アート

Hans J. Wegner
JH505 “Cowhorn” Chair

ハンス・ウェグナーによる、JH505 ”カウホーン” チェア、チーク材のタイプです。経年感に見応えがありますが、コンディションは良好です。

Johannes Hansen 1952
Teak, Rosewood, Original leather seat
w-59, d-47, h-73, sh-42.5cm
ご売約となりました。ありがとうございました。

SOLD

Hans J. Wegner/ハンス・ウェグナー 1914-2007
デンマークのトゥナーに生まれる。父親は靴職人。17歳で家具職人の資格を取得。木材について専門的に研究を行う。1936年から2年間、工芸スクールに在籍した後、デザイナーとしての活動を開始。1940年、アルネ・ヤコブセンのもとオーフス市庁舎の建築プロジェクトに参加、カンファレンスチェアや待合のソファなどのデザインを手がけました。また同年、ヨハネス・ハンセン工房に於いて家具製作をスタートさせています。1984年、デンマーク女王よりナイトの称号を授与。1995年、生まれ故郷のトゥナーに”ウェグナー美術館”が開館される。氏は生涯に於いて家具デザイナーとして数々の名作を生み出し、国際的にも高い評価を受けています。