Luca Scandinavia | 北欧ヴィンテージ・工芸・アート

Gudrun Lauesen
Figurine of Calf

デンマークの女性彫刻家、Gudrun Lauesen/グドラン・ラウエセンによる仔牛の彫刻作品です。金工家のユスト・アナセンによって開発されたアンチモンと鉛の合金”DISKO”メタルを用いて作られています。仔牛の振り向く様に野性味を感じる静的な佇まいの作品です。

Just Andersen 1950~60's
Disko metal
w-23cm
※掲載のアイテムは、銀座店もしくは西新宿OZONE店のいずれかでご覧頂けます。店頭にお出ししていない場合もございますので、展示店舗や在庫状況については事前にお問い合わせください。
※相場の変動やコンディションにより、同じものでも個々の価格は異なりますので、定価の掲載を控えさせていただいております。価格、コンディション、類似品のお探し物など、ご質問がございましたらお気軽にお問い合わせください。

Gudrun Lauesen/グドラム・ラウエセン 1917–2002
1917年デンマーク生まれ、コペンハーゲンの王立美術アカデミーにて彫刻家のE. Utzon-Frankから教育を受けます。1965年頃からSAXBO創立者のナタリー・クレブスらとともに、彫刻家として活動します。アルネ・ヤコブセンの設計で知られるRødovre市庁舎の庭園には雄牛のブロンズ彫刻が設置されるなど、その作品群はデンマーク全土にわたり見ることができます。晩年にはRoyal Copenhagenに於いて動物のフィギュアを手がけ、生涯、彫刻家として活動しました。

Ib Just Andersen/ユスト・アナセン 1884-1943
1884年グリーンランド生まれ、デンマークの王立芸術アカデミー、イェンス・モラー・イェンセン工芸学校で学んだのち、Georg Jensen、A. Michelsen、P. Hertzなど、デンマークの誇る第一級のシルバースミスや宝石商でのデザインを担当します。1918年、Just Andersen Pewterを設立。主に錫、真鍮、銅、青銅 、稀に銀などの素材を用いて、独自の造形力で数多くの製品を生み出しました。なかでも「DISKO METAL」は、鉛とアンチモンを調合し、鑑賞に堪えられながらも鋳造に適した素材として開発、深緑色を呈している様子から、故郷グリーンランドのDISKO湾の水面に映る深緑色にちなんで命名されました。氏のデザインは、アールヌーボー、アールデコ、シノワズリ、密教法具、人物像や神話モチーフ、動物など様々な分野からインスピレーションを得て、そのスタイルは多岐に亘ります。特に中国や日本など、東洋の古典的意匠様式に強い関心を持っていたとされ、東洋に産まれてこなかったことを悔やんでいたとも伝えられています。