Luca Scandinavia | 北欧ヴィンテージ・工芸・アート

Mogens Andersen
Composition (MA010)

デンマークの画家、モーエンス・アナセンによる素描作品です。(MA010) 石炭を用いて1983年に描かれたもので、氏の特有の画風が簡潔に表現されています。同サイズで3点の入荷がありました。オリジナルと思しき銀箔のフレームはそのままに、マットを差し替えました。

Coal on paper with original frame
signed: MA 83
image: w-29.5, h-20.5cm
frame: w-47.5, h-40cm
reference no: MA010

Mogens Andersen/モーエンス・アナセン 1916-2003
モーエンス・アナセンは20世紀のデンマークを代表する抽象芸術の先駆者のひとりで、1933〜39年までP. Rostrup Bøyesen's art schoolにて芸術を学び、初期の活動では構成画を版画やレリーフを用いてアースカラーで表現します。やがて中央ヨーロッパの芸術を求め'59年に渡仏。アンリ・マティスやジョルジュ・ブラックらの技術面を取り入れながら、ダイナミックでラフなストロークで描いた特有の世界観を生み出します。帰国後'70年から王立アカデミーの客員教授を務め、’84年にThorvaldsensメダルを受賞。油彩での表現と版画とを切り分け、多くの作品を描き続けます。油彩作品を中心に、コペンハーゲン国立美術館をはじめ、オーフスのアロス現代美術館、オールボー近代美術館、オーデンセのフィン美術館(現BRANDTS)など、デンマークを代表する各美術館に広く収蔵されています。