Luca Scandinavia | 北欧ヴィンテージ・工芸・アート
チェックリストを見る / Check list

商品をクリックすると詳細ページに移動します。「まとめてお問合せする」から、気になる商品についてご質問、ご要望を送信できます。


チェックリストはありません。

MINAMO #13

写真家、六田知弘/Tomohiro Mudaによる、フランス、ブルターニュ地方の「海」を写したモノクロ作品です。海面に浮かぶ大きな海藻が波に揺られています。こちらは低反射アクリルで額装しました。低反射アクリルは周囲が映り込みにくく、作品そのものをはっきりと見ることができます。こちらのサンプルは124x119cmと大きなサイズで額装しました。額装サイズ、31×40 cmから150×225 cmまで、いくつかのサイズでのお作りが可能ですので空間に合わせてご検討ください。マットの有無は六田さんによって相応しい方が選ばれています。

作品名:MINAMO #13
撮影地:フランス、ブルターニュ地方 海
撮影年:2014年
額装サイズ:w-124, h-119cm
エディション:25
価格:¥477,750- 税込
note:低反射アクリル仕様

各サイズでのプリントが可能です。
詳しくは店頭までお問い合わせください。

w-31, h-40cm ¥68,250- 税込
w-53, h-43cm ¥145,600- 税込
w-56, h-38cm ¥168,000- 税込
w-75, h-57cm ¥315,000- 税込
w-154, h-48cm ¥367,500- 税込・三部作構成
w-88, h-69cm ¥341,250- 税込
w-92, h-63cm ¥378,000- 税込
w-124, h-119cm ¥477,750- 税込・低反射アクリル
w-154, h-104cm ¥735,000- 税込

チェックリストに追加
Add check list
この商品をお問合せ
CONTACT

[チェックリストに追加]は複数の気になる商品を後で確認したり、まとめてお問合せ頂くことができます。

※末尾の家具との画像は合成イメージとなります。額装サイズ 31x40cm 〜 150×225cm でのお作りが可能です。


展示会のお知らせ
タイトル:「時のイコン 2021」(ICONS OF TIME 2021)
会期:2021年3月11日(木)~26日(金)
会場:√K Contemporary(Root K Contemporary)(東京都新宿区南町6)
営業時間:11:00~19:00
定休日:月曜
入場料:800円※収益の一部は東日本大震災復興支援に寄付させていただきます。
お問い合わせ:03-6280-8808(√K Contemporary
六田 知弘 写真展「時のイコン2021」

東日本大震災から満10年となる3月11日より、津波に流され地面に残されたものたちや、福島第一原発周辺地域で撮った「時のイコン 2021」展が飯田橋のギャラリー√K Contemporaryにて開催されます。
これらの作品群は、これまで国内外の美術館等で展覧され、また写真集『時のイコン 東日本大震災の記憶』(2013年 平凡社 刊)として出版されて沢山の人々に衝撃と感動を与えてきました。
記録されたものたちには時間とともに新たな「生」が息吹き、それらはある種の美しさをも伴って輝きを放ちます。

ー被災地で見つけたモノを、持参した白い紙の上に置いて撮った。「モノの記憶」をカメラで記録した。
モノには時間が堆積している。
被災する前にそれらを生活の中で使っていた人たちの時間、3.11の津波の瞬間の時間、そして3.11以降、撮影されるまでの時間が堆積している。
写されたモノたち自身が語る声に耳を傾けてほしい。白紙の上に載せて撮ったのは、より鮮明にモノたちの声を聞くためである。
その声を記録し、伝えることが、写真家としての私の仕事だと考えた。私は鎮魂と祈りの気持ちを込めて、それらモノたちの写真を「時のイコン」と名付けた。ー


六田 知弘/Tomohiro Muda b.1956
日本の写真家。1956年 奈良県御所市生まれ。1980年早稲田大学卒業。
1982年より、ネパールヒマラヤ山中のシャルパの村に暮らして撮影。
1988年 初個展「ひかりの素足–シェルパ」(新宿ニコンサロン)を開催する。
以降、「自然や宇宙と人間との根源的なつながり」を遠くに探りながら、モノ、風景、石、植物、壁、道、人物、文化財や遺跡、古美術品など様々な事象を対象に撮影し、写真展や出版を通じて発表する。
2007年 国立西洋美術館で「祈りの中世 ロマネスク美術写真展」を開催。
2008年 中国の「雲岡石窟」の全容を撮影。
2009年より写真展「サンティアゴ巡礼の道 六田知弘 東洋のまなざし」が世界各地を巡回中。
2011年の震災後の東北地方にて、津波にのまれ打ちあげられた被災物を撮影し、2013年より写真展「時のイコン–東日本大震災の記憶」として国内外を巡回。
2014年 大阪市立東洋陶磁美術館で「蓮–清らかな東洋のやきもの×写真家・六田知弘の眼」を開催。
2017年 大阪と奈良県御所市にて「写真家 六田知弘 宇宙のかけら–御所」を開催。
2018年 静岡県の池田20世紀美術館にて 六田知弘写真展「壁・ヒミツノアリカ」を開催。
2019年 当店にて「MINAMO」を開催。
2021年 東京のギャラリー√K Contemporaryにて「時のイコン 2021」を開催予定。

写真集
「石と光  シトーのロマネスク聖堂」(平凡社刊)
「時のイコン 東日本大震災の記憶」(平凡社刊)
「ロマネスク–光と闇にひそむもの」(生活の友社刊)
「仏宇宙」(生活の友社刊)など。
国内外での写真展および写真集多数。
六田 知弘 オフィシャルウェブサイト