Luca Scandinavia | 北欧ヴィンテージ・工芸・アート
チェックリストを見る / Check list

商品をクリックすると詳細ページに移動します。「まとめてお問合せする」から、気になる商品についてご質問、ご要望を送信できます。


チェックリストはありません。

Børge Mogensen
Glass door cabinet in Oak w100

デンマークを代表する家具デザイナーのBørge Mogensen/ボーエ・モーエンセンによるガラスキャビネットです。書庫として作られたものでしょう。下置の扉に鏡板を備えたクラシックな趣を持つガラスキャビネットです。経年による古傷等見られますが綺麗な状態です。

Søborg møbler circa 1960~70’s
Oak
w-100, d-47(32), h-182cm
price: ¥350,000- 税込
reference no: BS2024-12-A

詳細につきましては下記CONTACTフォームよりお問い合わせください。
在庫状況などを確認し、折り返しご連絡いたします。

ON HOLD

ガラスキャビネット内部に色差があります。

キャビネットのエッジに僅かな補修があります。

下部のキャビネット天板に日焼け褪色がありますが、ガラスキャビネットを乗せて使用するので影響はありません。

Børge Mogensen/ボーエ・モーエンセン 1914–1972
20歳で家具マイスターの資格を取得した後、コペンハーゲン芸術工芸学校、王立アカデミーでデザインを学ぶ。卒業後、コーア・クリントの建築事務所に勤務。1940年代、高品質で手頃な価格の家具を提供することを目的とした、デンマークFDB(協同組合連合会)家具開発部門のチーフデザイナーを勤め、このプロジェクトは大成功をおさめた。ここでは一般家庭に普及する為に考案された "J39" などの名作椅子が生まれ、ボーエ・モーエンセンは戦後のデンマーク家具デザインを代表する人物となる。一方で、1950~60年代には、クラシックで手工芸的要素の強いプロダクトを手掛け、普及品から高級家具までを生み出すデザイナーとして人気を博した。モーエンセンは生活空間の中で使用できる機能的な家具を作ることを目的としていた。自身の家が家具の実験室であると表現し、自宅のリビングルームで実際に家具を使用する事こそが、家具の真価を見極める最良のテストであると考えていた。