Luca Scandinavia | 北欧ヴィンテージ・工芸・アート
チェックリストを見る / Check list

商品をクリックすると詳細ページに移動します。「まとめてお問合せする」から、気になる商品についてご質問、ご要望を送信できます。


チェックリストはありません。

Jeppe Vontillius
Siddende figur 1965

デンマークの画家、イェッペ・ヴォンティリウスによる人物画油彩作品です。1965年8月に制作されたもので、ソファに座り手芸に勤しむ女性の姿が描かれています。ステインされたパイン材と思われる木質のフレームに金箔を用いたライナーは、かつての所有者による額装と思われ、乾燥による木材の捩れがごく僅かに生じておりますが、壁に飾って気になるほどではありません。コンディションは良好で、とても綺麗です。

Oil on canvas with original wooden frame 1965
signed: JV
image: w-20, h-40cm
frame: w-30.5, h-50cm
price: ¥320,000- 税込

詳細につきましては下記CONTACTフォームよりお問い合わせください。
在庫状況などを確認し、折り返しご連絡いたします。

チェックリストに追加
Add check list
この商品をお問合せ
CONTACT

[チェックリストに追加]は複数の気になる商品を後で確認したり、まとめてお問合せ頂くことができます。

Jeppe Carl Jeppesen Vontillius/イェッペ・ヴォンティリウス 1915-1994
コペンハーゲンのフレデリクスベアに生まれる。1935年、職人画家として仕事をスタートさせる。“Peter Rostrup Bøyesens private art school” にて芸術を学び、1939年、アーティストエキシビジョンにて画家としてデビュー、しかし作品で生計を立てるには長い時間が掛かった。1942年、エキシビジョングループ "Bølleblomsten" を共同で設立。メンバーには、モーエンス・アナセン、ウィリアム・フレデリシア、そしてヘニング・コッペルなど錚々たるメンバーが在籍した。1949年、”Stages of graphic works” なる書籍を出版し、1965年、王立芸術アカデミーにて教壇に立つ。1969年、ハスレヴ大学の室内装飾を手掛け、1976年、国会議事堂の室内装飾を行う。
ヴォンテリウスは色彩画家として活躍した画家で、柔らかな色彩を表現し、パレットナイフを用いたと思われる筆致が特徴です。農村地帯を極めて単純化した表現で描く風景画のほか、このような室内の女性像(妻と云われている)も数多く描いています。