Luca Scandinavia | 北欧ヴィンテージ・工芸・アート

William Skotte Olsen
Etching prints

デンマークの音楽家で芸術家のWilliam Skotte Olsen/ウィリアム・スコッテ・オルセンによるエッチング作品です。1985年に擦られたもので、麻薬中毒〜精神疾患から立ち直り始めた頃の作品です。

signed: WSO85
image: w-22, h-19cm
frame: w-40.5, h-34.5cm
※掲載のアイテムは、銀座店もしくは西新宿OZONE店のいずれかでご覧頂けます。店頭にお出ししていない場合もございますので、展示店舗や在庫状況については事前にお問い合わせください。
※相場の変動やコンディションにより、同じものでも個々の価格は異なりますので、定価の掲載を控えさせていただいております。価格、コンディション、類似品のお探し物など、ご質問がございましたらお気軽にお問い合わせください。

William Skotte Olsen/ウィリアム・スコッテ・オルセン 1945-2005
宗教家の家庭に生まれ、音楽家としてオーケストラで演奏。1960年代にはデンマークのロックバンド、
Steppeulveneに参加。ヒッピーとして1971年代から3年間にわたり、トルコ、アフガニスタン、インドを旅します。70年代は精神疾患を患い、精神科病院に入院。1980年代から絵画に目覚め、画家として活動、2005年に癌で他界するまで、精力的に作品を描き続けました。