Luca Scandinavia | 北欧ヴィンテージ・工芸・アート
チェックリストを見る / Check list

商品をクリックすると詳細ページに移動します。「まとめてお問合せする」から、気になる商品についてご質問、ご要望を送信できます。


チェックリストはありません。

Olaf Rude
Scene from Allinge, Bornholm 1924

デンマークの画家、Olaf Rude/オラフ・ルードによる風景画油彩作品で、1924年に描かれたものです。バルト海に浮かぶデンマーク領の島、ボーンホルム島のAllinge地区の住宅街に朝日が射し込む情景が独自の表現で描かれています。フレームは木地に塗装を施したものを新たに誂えました。

Oil on canvas with New wooden frame
signed: Olaf Rude 24
image: w-62, h-53cm
frame: w-70, h-61cm
price: ¥1,500,000- 税込

詳細につきましては下記CONTACTフォームよりお問い合わせください。
在庫状況などを確認し、折り返しご連絡いたします。

チェックリストに追加
Add check list
この商品をお問合せ
CONTACT

[チェックリストに追加]は複数の気になる商品を後で確認したり、まとめてお問合せ頂くことができます。

Olaf Rude/オラフ・ルード 1886-1957
エストニアに生まれ、デンマークへ渡り活動。1905年、コペンハーゲン工科大学で学んだ後、Kunstnernes Frie Studieskoler/クンストナーネス・フリー・スタディスクールに於いてクリスチャン・ザートマンやヨハン・ローデから美術の基礎を学びます。Kunstnernes Frie Studieskolerとは、それまで美術教育の中心的役割を担うデンマーク王立芸術アカデミーの教育方針に不満を抱いた学生らによって1882年に設立された美術学校で、美術教育に於いて王立アカデミーとは異なる代替プログラムを提供、デンマークの近代美術の中心的な機関として多くの芸術家を生み出し、1912年まで運営されました。Kunstnernes Frie Studieskolerを卒業したオラフ・ルードは、1911年にパリへ渡り、ポール・セザンヌの影響を受けます。また、デンマークへの帰国後、第一次世界大戦の時代に、形式や線、そして色彩に焦点を当てた表現を試みました。1919年にはBornholm島に移り、風景画を中心に描きます。オラフはデンマークに於けるモダニズムのひとりであり、鮮やかな色彩を風景画に用いたため、"デンマークのマティス" と呼ばれることもありました。1953年から1956年まで王立デンマーク美術学院の教授を務めました。