Luca Scandinavia | 北欧ヴィンテージ・工芸・アート
チェックリストを見る / Check list

商品をクリックすると詳細ページに移動します。「まとめてお問合せする」から、気になる商品についてご質問、ご要望を送信できます。


チェックリストはありません。

Ib Kofod-Larsen
pair of "Elizabeth" arm chair

1958年、英国のエリザベス女王とフィリップ殿下がコペンハーゲン滞在中に購入した、と伝えられる ”Elizabeth chair/エリザベスチェア” のアームチェア(カンファレンスチェア)モデルです。デンマークを代表する家具デザイナーのIb Kofod-Larsen/イブ・コフォード・ラーセンによって1958年に発表、1960年代にかけて作られたものです。フレームには柾目のブラジリアンローズウッドが用いられており、とても良い木取りがなされています。シートはオリジナルの皮革のようで、使い込まれながらも大きなダメージのないベストな状態を保っています。こちらは一対で伝わったもので、製造ロットも同一と思われます。一対での販売となります。

Christensen & Larsen 1958
Brazilian rosewood, Seat and back upholstered with patinated black leather
w-70.5, d-60, h-74, sh-44cm
price: お問い合わせください。

詳細につきましては下記CONTACTフォームよりお問い合わせください。
在庫状況などを確認し、折り返しご連絡いたします。

ON HOLD

Ib Kofod-Larsen/イブ・コフォード・ラーセン 1921-2003
デンマークの王立アカデミーを卒業後、家具の製作を始めます。家具工房のChristensen & Larsen/クリステンセン&ラーセン社の為にデザインした名作椅子 ”Elizabeth chair/エリザベスチェア” は、1958年に英国のエリザベス女王とフィリップ殿下がコペンハーゲン滞在中に購入したことで一躍有名となり、今日に於いても最も美しい椅子と称されています。