Luca Scandinavia | 北欧ヴィンテージ・工芸・アート
チェックリストを見る / Check list

商品をクリックすると詳細ページに移動します。「まとめてお問合せする」から、気になる商品についてご質問、ご要望を送信できます。


チェックリストはありません。

Kaale Klint
5313 Easy chair

「デンマーク近代家具デザインの父」と称され、デザイナーでプロフェッサーを務めた、Kaare Klint/コーア・クリントによる "model 5313" イージーチェア初期タイプです。1936年にデザインされ、1937年開催のコペンハーゲンキャビネットメーカーズギルド展にて発表されたモデルです。1960年まで製作されていたようですが、こちらのイージーチェアは比較的早い時期に作られたものと思われます。デンマークのソーレンセンレザー社の皮革にて張り替えを行い、シートに内包された羽毛クッションも新調しました。シートクッションは使い込むうちに馴染んでくるでしょう。

Rud. Rasmussen 1936
Cuban mahogany, Sorensen leather "ELEGANCE" Indian Red 20193
w-71, d-77, h-81, sh-40cm
price: ¥1,200,000-税込

詳細につきましては下記CONTACTフォームよりお問い合わせください。
在庫状況などを確認し、折り返しご連絡いたします。

チェックリストに追加
Add check list
この商品をお問合せ
CONTACT

[チェックリストに追加]は複数の気になる商品を後で確認したり、まとめてお問合せ頂くことができます。

Kaare Klint/コーア・クリント 1888-1954
デンマーク生まれ。高名な建築家の Jensen Klint/イェンセン・クリントを父に持ち、幼少の頃から建築や芸術的要素を生活の一部として育ちます。コペンハーゲンの技術学校にて、父親や、新古典建築の第一人者、Carl Petersen/カール・ピーターセンらの元で建築を学びます。1914年、父親とカール・ピーターセンらが依頼を受けた「ファーボーミュージアム」の創設に若きクリントを招き入れ、家具デザインを担当させます。カール・ピーターセンと共同開発した名作椅子「フォーボーチェア」を皮切りに、新古典主義をベースとした数々の名作品を生み出します。1924年、王立芸術アカデミーに於ける家具科の創設に参加し、初代主任教授を務め、アルネ・ヤコブセン、モーエンス・コッホ、オーレ・ヴァンシャー、ハンス ・ウェグナーやポール・ケアホルムなど、後にデニッシュデザインを担うこととなる若きデザイナー達に教育と希望を与えます。1929年、バルセロナで開かれた万博のデンマーク館の展示デザインを担当、自らデザインした椅子 "Red chair" を発表しメダルを授与されます。その後も長い期間に亘ってクリントの作品の多くは家具工房の Rud. Rasmussen/ルド・ラスムッセンによって一点一点丁寧に作られました。1940年には息子と協働し照明メーカーのLe Klint/レ・クリント社を設立、紙製(後に樹脂製)の折りたたみセードは、デンマーク国民にとて普遍的なデザインと言えるまでに普及しました。