Luca Scandinavia | 北欧ヴィンテージ・工芸・アート
チェックリストを見る / Check list

商品をクリックすると詳細ページに移動します。「まとめてお問合せする」から、気になる商品についてご質問、ご要望を送信できます。


チェックリストはありません。

Hans J. Wegner
GE235 3-seater sofa

Hans J. Wegner/ハンス・ウェグナーによるGE235ソファです。フレームはアフロルモシア材(通常チーク材と称されていることの多い材)です。ファブリックは近年張り替られ、若干使用されていますが、アームの側面のわずかな解れ以外は、目立った使用感などなく概ねきれいな状態です。クッション内部の緩衝材はスプリング内包型ウレタンです。張り替えのご相談も承ります。

GETAMA 1950-60’s
Afrormosia, Wool fabric (Kvadrat Coda 2 0422)
w-181, d-82, h-80, sh-39cm
price: ¥550,000- 税込

詳細につきましては下記CONTACTフォームよりお問い合わせください。
在庫状況などを確認し、折り返しご連絡いたします。

チェックリストに追加
Add check list
この商品をお問合せ
CONTACT

[チェックリストに追加]は複数の気になる商品を後で確認したり、まとめてお問合せ頂くことができます。

Hans J. Wegner/ハンス・ウェグナー 1914-2007
デンマークのトゥナーに生まれる。父親は靴職人。17歳で家具職人の資格を取得。木材について専門的に研究を行う。1936年から2年間、工芸スクールに在籍した後、デザイナーとしての活動を開始。1940年、アルネ・ヤコブセンのもとオーフス市庁舎の建築プロジェクトに参加、カンファレンスチェアや待合のソファなどのデザインを手がけました。また同年、ヨハネス・ハンセン工房に於いて家具製作をスタートさせています。1984年、デンマーク女王よりナイトの称号を授与。1995年、生まれ故郷のトゥナーに”ウェグナー美術館”が開館される。氏は生涯に於いて家具デザイナーとして数々の名作を生み出し、国際的にも高い評価を受けています。